映画試写会情報サイト『プレシネマ』

映画試写会情報サイト『プレシネマ』では、映画試写会&プレゼント情報はもちろん、試写会入門、試写会会場ナビ、映画を安く見る方法、映画レビュー、映画ランキングなど情報満載!プレシネマで試写会をGETしよう!!

映画レビュー/あらすじ『シン・ゴジラ』- プレシネマ

更新:2022 / 11 / 22
シン・ゴジラ
シン・ゴジラ
あらすじ
東京湾・羽田沖。

突如、東京湾アクアトンネルが巨大な轟音とともに大量の浸水に巻き込まれ、崩落する原因不明の事故が発生した。

首相官邸では総理大臣以下、閣僚が参集されて緊急会議が開かれ、内閣官房副長官・矢口蘭堂は、海中に棲む巨大生物による可能性を指摘。

周囲は矢口の意見を一笑に付すものの、直後、海上に巨大不明生物の姿が露わになった。

慌てふためく政府関係者が情報収集に追われる中、謎の巨大不明生物は上陸。

普段と何も変わらない生活を送っていた人々の前に突然現れ、次々と街を破壊し、止まること無く進んでいく。

政府は緊急対策本部を設置し、自衛隊に防衛出動命令を発動。

そして、川崎市街にて、“ゴジラ”と名付けられたその巨大不明生物と、自衛隊との一大決戦の火蓋がついに切られた。

果たして、人智を遥かに凌駕する完全生物・ゴジラに対し、人間に為す術はあるのか?
出典:amazon prime video

レビュー ★★★☆☆
エヴァンゲリオン』シリーズの庵野秀明氏が脚本・総監督を務めたゴジラ映画である。

日本の映画のゴジラを踏襲しながら、公式サイトに記載されている現実(ニッポン)対虚構(ゴジラ)の構図で展開される。

明快な怪獣映画ではなく、観ている者にゴジラとは何か?というメッセージを投げかけ、考えることによって物語に深みを持たせているように思える。

若干、音楽やシーン(言葉)にエヴァ感があるものの、物語は淡々と進んでいく。

冒頭タイトルの「シン」の意味は、集大成の意味のように思える。

そして興行的にも大成功を収める。

日本のゴジラの復活である。

またこの映画は、劇場のような大画面で観れば観るほど映画の価値が上がっていくようにも思える。

監督(総監督)
庵野秀明

役名 / キャスト
矢口 蘭堂 / 長谷川博己
長谷川博己
赤坂 秀樹 / 竹野内豊
竹野内豊
カヨコ・アン・パタースン / 石原さとみ
石原さとみ
大河内 清次 / 大杉漣
大杉漣
花森 麗子 / 余貴美子
余貴美子
東 竜太 / 柄本明
柄本明
志村 祐介 / 高良健吾
高良健吾
尾頭 ヒロミ / 市川実日子
市川実日子
財前 正夫 / 國村隼
國村隼
画像出典:映画.com

劇場公開日
2016年7月29日

鑑賞時間
1時間59分

鑑賞方法
amazon prime video

▼映画レビュー/あらすじ 一覧ページはこちら