映画試写会情報サイト『プレシネマ』

映画試写会情報サイト『プレシネマ』では、映画試写会&プレゼント情報はもちろん、試写会入門、試写会会場ナビ、映画を安く見る方法、映画レビュー、映画ランキングなど情報満載!プレシネマで試写会をGETしよう!!

映画レビュー/あらすじ『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』- プレシネマ

更新:2022 / 11 / 5
スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望 (字幕版)
あらすじ
ルーク・スカイウォーカーの銀河を巡る冒険がはじまるサーガの第4章銀河帝国樹立から19年。

砂漠の惑星タトゥイーンでルークは、長年隠れ住んでいたオビ=ワン・ケノービと出会い反乱軍の戦いに加わることを決意する。

ダース・ベイダー率いる邪悪な帝国軍に捕らわれたレイア姫を救出するため、オビ=ワンは若きルークをジェダイへ導いていく。
出典:公式サイト

レビュー ★★★★★
映画「スターウォーズ」シリーズの9章からなる始まりの章になります。

非時系列的に制作されており、エピソード4から映画は始まります。

映画「スターウォーズ」シリーズはSF映画のジャンルになりますが、自分自身の中では良質のスペースヒューマンドラマとして捉えています。

人間の心のなかにあるダークサイドとライトサイドのあいだを揺れ動く心の機微を壮大な宇宙という舞台で表現しているように思えます。

またフォースという言葉が度々出てきますが、自分自身の解釈のなかでは、人間の「気」と理解しているため、よりヒューマンドラマという見地から観てしまいます。

そしてスカイウォーカー家の物語でもあります。

1997年から始まり、元々9章まであるため、途中完結しないのではないかと言われもしましたが2019年に完結編が公開され、42年間の歴史に幕が閉じられました。

監督もジョージ・ルーカス、アーヴィン・カーシュナー、リチャード・マーカンド、ライアン・ジョンソン、JJ・エイブラムスとオールスターリレーとなっており、この映画の壮大さを物語っています。

個人的には、ジョージ・ルーカス氏で全てを監督してもらいたかった願望がありましたが、JJ・エイブラムス氏での完結も気に入っています。

映画「スターウォーズ」シリーズは、自分自身の中では金字塔的作品であり、とてもお気に入りの映画です。

監督
ジョージ・ルーカス

役名 / キャスト
ルーク・スカイウォーカー / マーク・ハミル
マーク・ハミル
ハン・ソロ / ハリソン・フォード
ハリソン・フォード
レイア・オーガナ / キャリー・フィッシャー
キャリー・フィッシャー
オビ=ワン・“ベン”・ケノービ / アレック・ギネス
アレック・ギネス
画像出典:映画.com

劇場公開日
1978年6月30日

鑑賞時間
2時間1分

鑑賞方法
DVD

▼映画レビュー/あらすじ 一覧ページはこちら