映画試写会情報サイト『プレシネマ』

映画試写会情報サイト『プレシネマ』では、映画試写会&プレゼント情報はもちろん、試写会入門、試写会会場ナビ、映画を安く見る方法、映画レビュー、映画ランキングなど情報満載!プレシネマで試写会をGETしよう!!

映画レビュー/あらすじ『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』- プレシネマ

更新 : 2022 / 11 / 23
機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
あらすじ
宇宙世紀0093年。

シャア・アズナブルは新生ネオ・ジオン軍を率い、自らが総帥となって地球連邦政府対して再び戦いを挑んで来た。

シャアは地球の重力に縛られ自己中心的な支配を続ける人類を粛正するために、地上に隕石を落下させることで地球を居住不能な星にするための作戦を展開。

その暴挙を阻止するためにブライトやアムロが所属する地球連邦軍のロンド・ベル隊が出撃するも、小惑星5thルナの落下を止めることはできなかった。

シャアは次の作戦に向け、かつてのネオ・ジオンの本拠地であったアクシズの奪還とルナツーに貯蔵された核ミサイルの奪取を目論む。

そして、作戦遂行に向けた見せかけの和平交渉のために、地球連邦政府との交渉の場となるサイド1のコロニー、ロンデニオンへと向かうのだった。

一方アムロも、自身が開発に参加したνガンダムをアナハイムの工場で受け取り、その後和平交渉が行われるロンデニオンに到着していた。

ロンデニオンで連邦政府参事官の娘クェスと、ブライトの息子であるハサウェイに出会ったアムロは、コロニー内での休養中に、偶然にも和平交渉を終えたシャアと遭遇してしまう。

そして、シャアの言葉に動かされたクェスは、彼と共にアムロのもとを去っていくのだった。

シャアは、ロンデニオンで連邦政府と交わした和平交渉を利用し、武装解除に見せかけたルナツーへの攻撃と、アクシズを強奪する作戦を実行。

ネオ・ジオン艦隊は、ルナツーへ壊滅的な打撃を与え核兵器の奪取に成功し、さらにシャア自身もアクシズを守る部隊を殲滅。

目的どおり、核兵器とアクシズを手中に収めた。

第2の隕石としてアクシズを地球へ落とそうとするシャア。

それを阻止すべく行動を開始するアムロとブライトが率いるロンド・ベル隊。

地球の命運をかけて、二人のニュータイプ同士による最後の戦いが幕を開ける!
出典 : 公式サイト

レビュー ★★★★★
アムロとシャアの最終決戦を描いた映画です。

「機動戦士ガンダム」「機動戦士Zガンダム」「機動戦士ガンダムZZ」と続いてきた2大主人公の対決にピリオドを打つべく作られた劇場用作品です。

シャアが描く未来とは?アムロが描く未来とは?お互いの理想がぶつかり合う先にあるものは?

アニメではありますが、未来の地球のことを予言するかのように描かれていたり、人間描写を含めてとても奥が深いのがガンダムと思います。

この「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」後もガンダム自体は「機動戦士ガンダムユニコーンRE:0096」や「機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ」に繋がっていきますが、アムロとシャアの宿命の対決の結果は何処へ。

監督
富野由悠季

役名 / キャスト(声優)
アムロ・レイ / 古谷徹

シャア・アズナブル / 池田秀一

ブライト・ノア / 鈴置洋孝

ナナイ・ミゲル / 榊原良子

クェス・パラヤ / 川村万梨阿

チェーン・アギ / 弥生みつき

ハサウェイ・ノア / 佐々木望

ギュネイ・ガス / 山寺宏一

レズン・シュナイダー / 伊倉一恵

ケーラ・スゥ / 安達忍

画像出典:公式サイト

劇場公開日
1988年3月12日

鑑賞時間
2時間

鑑賞方法
amazon prime video 

▼映画レビュー/あらすじ 一覧ページはこちら