映画試写会情報サイト『プレシネマ』

映画試写会情報サイト『プレシネマ』では、映画試写会&プレゼント情報はもちろん、試写会入門、試写会会場ナビ、映画を安く見る方法、映画レビュー、映画ランキングなど情報満載!プレシネマで試写会をGETしよう!!

書評『自分を変える1つの習慣』著者:ロリー・バーデン - プレシネマ

更新:2022/9/17

自分を変える1つの習慣

レビュー★★★★☆
この本のタイトルである「自分を変える1つの習慣」の1つの習慣とは何かと考えながら読んでみました。
成功者は、「本当にこの道を進み続けるべきだろうか?」ではなく、「どうすればこの苦境を乗り越えられるだろうか?」を考えようとします。』この部分に最初惹かれました。
自分自身を振り返ってみても、目標を決めて進んでいる途中にやめて違う目標にした方がいいかなとか考えてしまう時が多々ある。で
はなく一度決めた目標は、何としてでも達成するという強い意志が必要なのだと理解しました。

次に『いまいる場所で、トップの人間になるために最善を尽くしましょう。そうしなければ、あなたは「どこに行っても成功できる人間」にはなれません。』という言葉が、逃げるな、前を向いていけという風に聞こえます。
現職で全力を尽くさなければ違う会社へ行っても同じことを繰り返す可能性が高いということでしょう。

また、『最大のリスクは、間違った行動をとることではなく「行動をとらないこと」です。』ということを著者は語っています。
自分自身も行動する前にあれこれ考えて結局行動しなかった、または後に延ばし延ばしにして未だに手をつけていない等心当たりがあります。
一度決めたらとにかく行動する。
行動しながら修正していく。
そのことが大切ではないかと思いました。

最初の問いの答えは、ひとつひとつの小さな習慣を確実に実行していく気持ちが大切であることではないかと思います。
行動すること、これに尽きると思います。

内容の紹介
年商数百万ドルのサウスウェスタン・コンサルティング社の共同設立者が教える、すべての成功者が行っているたった1つの習慣。
それは小さな「セルフ・コントロール」の積み重ね。
つまり「できればしたくない行動を、できるかぎりすみやかに行なえる習慣」を身に付けることで、どんな結果でも手に入れられる力を得ることです。

著者について
ロリー・バーデン
経営管理、リーダーシップ、MBAの学位を取得。
売上高数百万ドル規模の国際的な研修サービス提供企業、サウスウェスタン・コンサルティングの共同設立者。
トーストマスターズ・インターナショナルが主催するスピーチの世界大会で、決勝大会に2度進出し、2度、2位を獲得する。