映画試写会情報サイト『プレシネマ』

映画試写会情報サイト『プレシネマ』では、映画試写会&プレゼント情報はもちろん、試写会入門、試写会会場ナビ、映画を安く見る方法、映画レビュー、映画ランキングなど情報満載!プレシネマで試写会をGETしよう!!

映画レビュー/あらすじ「パラサイト 半地下の家族」 - プレシネマ

更新:2022 / 11 / 1
パラサイト 半地下の家族
パラサイト 半地下の家族(吹替版)
あらすじ
過去に度々事業に失敗、計画性も仕事もないが楽天的な父キム・ギテク。

そんな甲斐性なしの夫に強くあたる母チュンスク。

大学受験に落ち続け、若さも能力も持て余している息子ギウ。

美大を目指すが上手くいかず、予備校に通うお金もない娘ギジョン…

しがない内職で日々を繋ぐ彼らは、“ 半地下住宅”で 暮らす貧しい4人家族だ。

“半地下”の家は、暮らしにくい。

窓を開ければ、路上で散布される消毒剤が入ってくる。

電波が悪い。

Wi-Fiも弱い。

水圧が低いからトイレが家の一番高い位置に鎮座している。

家族全員、ただただ“普通の暮らし”がしたい。

「僕の代わりに家庭教師をしないか?」受験経験は豊富だが学歴のないギウは、ある時、エリート大学生の友人から留学中の代打を頼まれる。

“受験のプロ”のギウが向かった先は、IT企業の社長パク・ドンイク一家が暮らす高台の大豪邸だった——。

パク一家の心を掴んだギウは、続いて妹のギジョンを家庭教師として紹介する。

更に、妹のギジョンはある仕掛けをしていき…“半地下住宅”で暮らすキム一家と、“ 高台の豪邸”で暮らすパク一家。

この相反する2つの家族が交差した先に、想像を遥かに超える衝撃の光景が広がっていく——。
出典:公式サイト

レビュー ★★★☆☆
2019年・第72回カンヌ国際映画祭で韓国映画初となるパルムドールを受賞した作品である。

また、第92回アカデミー賞でも外国語映画として史上初となる作品賞を受賞したほか、監督賞、脚本、国際長編映画賞(旧外国語映画賞)を受賞した作品でもある。

この映画タイトルのパラサイト(parasite)を英訳すると「寄生生物」とか「居候」といった意味になる。

貧富の差をよりクローズアップさせるために、半地下という設定を使用しています。

半地下と高台の対比により、人が何に寄生していくのかを見事に写し出しています。

家族であったり、お金だったりする。

また、人は一度、生活レベルを上げてしまうと下げるまたは元に戻すことがとても難しいことも示唆しているように思います。

そしてラストの衝撃、ここが一番印象に残っています。

監督
ポン・ジュノ

役名 / キャスト
キム・ギテク / ソン・ガンホ
ソン・ガンホ
キム・ギウ / チェ・ウシク
チェ・ウシク
キム・ギジョン / パク・ソダム
パク・ソダム
チュンスク / チャン・ヘジン
チャン・ヘジン
パク・ドンイク / イ・ソンギュン
イ・ソンギュン
ヨンギョ / チョ・ヨジョン
チョ・ヨジョン
パク・ダヘ / チョン・ジソ
チョン・ジソ
ムングァン / イ・ジョンウン
イ・ジョンウン
画像出典:映画.com

劇場公開日
2020年1月10日

鑑賞時間
2時間12分

鑑賞方法
amazon prime video

▼映画レビュー/あらすじ 一覧ページはこちら