映画試写会情報サイト『プレシネマ』

映画試写会情報サイト『プレシネマ』では、映画試写会&プレゼント情報はもちろん、試写会入門、試写会会場ナビ、映画を安く見る方法、映画レビュー、映画ランキングなど情報満載!プレシネマで試写会をGETしよう!!

雑記1 : 映画館で映画を観るということ - プレシネマ

〇 映画館で映画を観るということ
タイトル的には、人によりどうでもいいことではあります。
ただ、個人的にも今まで深く考えたことがなかったテーマでもあります。
昨今、映画料金の値上げもあり、また動画配信サービスの加入者も増えているなかで、どうして映画館で映画を観るのかということを考えてみたいと思います。
下記は、2013年~2022年までの映画館への入場者数推移のデータになります。
(出典:発表は日本映画製作者連盟、グラフ作成はサンライズ社)
f:id:precinema:20230930200330j:image

〇 映画館で観る理由
1. 大きなスクリーン
家庭用のテレビを40〜43インチとし、シネコンのスクリーンの大きさを15~16m×6~7mくらいと仮定して、 家庭用テレビと同じ計測方法を用いると、だいたい650~690インチ相当になります。
十分大きいですね。
この大きさで観るには、自前では難しく、やはりお金を払う必要がありますね。
人の大きさが実物大に近づけば近づくほど作品の中の世界に入っているかのような錯覚を感じてしまいます。

2. 音響
IMAXといった音響効果抜群の設備では、迫力が違います。
また、IMAXシアターや4D映画など特殊シアターでは、作品を体感するという言葉が当てはまるかと思います。

3. 一体感
一緒に映画を観に行く人以外は知らない人なのにこの一体感は何とも言えない。
笑ったり、泣いたり。
人は共感を求めている生き物なのかもしれないですね。

〇 映画館で観ない理由
1. 好きな時間に観れない
新作もいずれは動画配信サービスで観れるようになる可能性が高いので、自分の好きなタイミングで観ることができます。

2. トイレに行きづらい
映画館では、上映中にトイレに行くと行っている間にもストーリーが進んでいるので、もったいなくて行きづらい。
上映前のいろいろな作品の予告を観ている間に調子に乗って、ドリンクを飲みすぎてしまい上映直後からトイレを我慢した経験はありませんか?
私はあります。
家で観る時は、作品をストップして観ることができますね。

3. 観たい作品が無い
これは切実な問題ですね。

あれこれと書いてきましたが、個人的には映画館で映画を観ている2時間がとても好きで時間を作りながら観に行っています。
現実逃避なのかもしれませんが、エンタメとして楽しんでいます。
これからも大切にしていきたい時間であります。

〇公式X(旧Twitter):プレシネマ