映画試写会情報サイト『プレシネマ』

映画試写会情報サイト『プレシネマ』では、映画試写会&プレゼント情報はもちろん、試写会ランキング、試写会入門、試写会会場ナビ、映画を安く見る方法、映画レビューなど情報満載!プレシネマで試写会をGETしよう!!

映画短評『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』★★★★★

一生に一度の出逢い。生涯、心に残る感動作の誕生。

それは、80歳で生まれ、年を取るごとに若返っていく数奇な運命の下に生まれた、ベンジャミン・バトンの物語。

この映画は映画館で観ました。

感想は、とにかく素晴らしく良い映画でした。

私自身がヒューマンドラマ系が好きということもありますが...。

アカデミー賞ノミネート作品は、万人受けしない作品が多い中で、この映画はとてもわかり易かった。

人間の「生」と「死」、「喜び」と「悲しみ」を考えさせられます。

人間は、生まれた時から、いつかは訪れる死へと歩んでいく矛盾した運命を背負っている。

若い人の中で何人の人が死を意識して生きているだろうか?

年を取るにつれて死を意識していくのが普通なのではないでしょうか。

前向きに「死」を捉えることで、限りある時間をいかに自分自身悔いなく生きれるかを改めて考えさせられました。

この映画の中でも「永遠」という言葉が、何度も出てきますが、永遠というものが無いからこそ、人は一生懸命生きるのでしょう。

この映画は、暗い話ではなく前向きに生きようという人たちにとっては、とても明るく、人生の素晴らしさを教えてくれます。

まさに人生の縮図でした。

上映時間が167分とかなり長めですが、このくらいの時間を使わないと、表現出来ない内容でした。

長さはあまり感じませんでした。

映像は、アクションからCGまで全て入っていてバラエティに富んでいました。

特に、特殊メークアップにはここまで進んだかと思うほど素晴らしかったです。

文章には全て表せないほどたくさん感性を刺激された本当に良い映画でした。

お金を払って映画館へ観に行く価値のある映画だと思います。

みなさんもよろしかったら是非!