映画試写会情報サイト『プレシネマ』

映画試写会情報サイト『プレシネマ』では、映画試写会&プレゼント情報はもちろん、試写会ランキング、試写会入門、試写会会場ナビ、映画を安く見る方法、映画レビューなど情報満載!プレシネマで試写会をGETしよう!!

映画短評『マージン・コール』★★★☆☆

2008年、ニューヨーク。ウォール街の大手投資会社で大量解雇が始まった。解雇になったエリックは、部下のピーターに「用心しろよ」と意味深な言葉を残しUSBメモリーを託して去る。原子物理学の博士号を持つアナリストのピーターは、リストラから生き残った数少ない1人だった。

この映画のタイトル、Margin callとは金融機関が投資家に不足の証拠金を求めることをマージンコールといい、それを受けた投資家は定められた期日までに入金するかポジションを決済しなくてはなりません。 期日までに入金がない場合には、ポジションは強制決済されることになります。

金融を熟知していないと中々に理解に苦しむと思います。私もわかりません。ただ、内容は2008年に実際に起きたリーマンショック前夜のことが題材になっています。ということはモデルになっている企業は、リーマン・ブラザーズなのでしょうか?物語は飽きることなく淡々と進みます。投資銀行なので給与もたくさんもらっているだろうし、社会的地位にも誇りを持っているように思います。

誰が味方で誰が敵なのか?ある時は味方でまたある時は敵になる。何を信じていいのか。人なのか、お金なのか、はたまた他のものなのか。ラストシーンの受け取り方は人それぞれな解釈になると思います。私としては、人間の内面を映し出すとても現実的なラストシーンと映りました。皆さまは如何でしょうか。

マージン・コール(字幕版)

マージン・コール(字幕版)

  • ケヴィン・スペイシー
Amazon