映画試写会情報サイト『プレシネマ』

映画試写会情報サイト『プレシネマ』では、映画試写会&プレゼント情報はもちろん、試写会ランキング、試写会入門、試写会会場ナビ、映画を安く見る方法、映画レビューなど情報満載!プレシネマで試写会をGETしよう!!

映画短評『第9地区』★★★★☆

エイリアンが飛来したヨハネスブルグ。

彼らは抵抗するでもなく、市街から離れたスラム地区に隔離されてしまう。

そして今ひとりの人間が、この地球外生命体の謎に包まれた兵器テクノロジーに遭遇する。

エイリアンが住み着く貧民窟、その異界と化した路地裏を追われ(狩られ)ながら、男はやがて、人類にとって今やアウトサイダーである己の運命を悟ることになる。

この映画は、SFジャンルではなく、人種差別をテーマにした社会派映画である。

SFと社会問題を交差させた良質の映画と思います。

ただ、事前にこの映画についての情報を知っておかないと冒頭から「エビ」と呼ばれるたくさんの宇宙人が出てきて、さまざまな人々のインタビュー映像が流れてくるので何の映画なのか意味がわからなくなってしまう可能性もあります。

監督のニール・ブロムカンプ氏が南アフリカ出身のため、アパルトヘイト問題がベースになっています。

アパルトヘイトとは、南アフリカが1948年から1990年代初めまで実施した、法によって定められた人種隔離と差別の制度のことになります。

このような事前情報があるとタイトルがなぜ「第9地区」であるかが理解できると思います。

そして、家族愛を核としたさまざまな愛を表現していて、シナリオ、視覚効果、キャスト陣の演技とも相まって、映画への見かた考えかたを変えた映画となりました。

第9地区 (字幕版)

第9地区 (字幕版)

  • シャルト・コプリー
Amazon